ひざ痛、なぜ推拿は効果があるのでしょうか?

「変形性膝関節症」
多くの年配の方のひざの痛みでは、
この言葉を耳にされると思います。

ひざの関節の中の、
クッション、
すき間が少なくなってしまって、
その部分の形が変わってしまっている状態です。

すり減ったり、
骨棘(こつきょく)と呼ばれる、
骨のとげのような、
余分なものまで出てきたりしている場合もあります。

これは、
自分の体を守るために、
変形した膝関節のバランスをとろうと、
思わしくない保護の働きをするからだそうです。

こうなった場合でも、
とにかく、
関節内部のすき間をつくることが、
痛みの症状をとるためにはとても重要です。

できれば、
こうした変形が起こる前に、
ぜひ、適切な処置を行っていただきたいのです。

では何故、
こうした変形が起こるのでしょうか?

皆さんもご存知のように、
関節の変形は何もいわずに起こっている、
のではないですよね?

おそらく、
ある程度の期間、
あるシグナルを出してくれていたのではないでしょうか?

それが、
「痛み」「重さ」「動きにくい」
などの少々です。

そして、
多くの方が、
実は、
その悩みの解消に、
様々な医療機関を訪れていらしたと思います。

ひざの関節の変形が起こる前の、
膝痛の原因は、
ひざを取り巻く周囲の軟部組織、
筋肉や靭帯に問題があります。

 

推拿では、何故症状改善ができるのでしょうか?

熟練した推拿の手技の強味は、
手のひらで、
筋肉の正常と異常を判断できるところにあります。

そして、もう一つの強味、
その異常と感じた箇所に対して、
無理な力を使わない浸透力で、
患部の深いところまで、
必要な力を届けることができるところにあります。

その無理な力を使わない手法の一つに、
按法、というものがあります。

「按」はとても重要です。

丹田からの力を、
自分の身体の中に溜めず、
滞らせることなく、
患者さんの身体に浸透させる、
届けるのです。

この「按」を体得することが、
推拿士にとってとても重要なのです。

これを文章でお伝えするのは、
とても容易くありませんが、
追求さえすれば、
求める人には理解できると思います。

実際の施術では、
数ヶ月通ううちに、
効果がわかる、
なんていうものではありません。

一回の施術で、
違いが必ずわかっていただけます。

ただ、
長い期間がかかって、
症状が出てきた患部は、
元の状態に戻ろうとします。

ですから、
数回の継続した施術が必要になります。

一回ごとに、
症状改善を実感していただくことができます。

初めは、
3回、継続して施術を受けていただきます。

メール:suinakenkoin@gmail.com

すいな健康院 10時〜20時まで受付 水曜日定休

天と地と人
天と地と人
Twitter
Bing
YouTube
店舗名 すいな健康院2020/推拿 天と地と人
住所 〒164-0001 東京都中野区中野2-29-15 サンハイツ中野802
電話番号 090-8346-0207
営業時間 【月~金曜日】10:00~22:00
【土曜日・日曜日・祝日】10:00~20:00
定休日 水曜日
駐車場 近隣のパーキングをご利用ください

お問い合わせフォーム